Loading...

建築ブログ

04.27 | 未分類

鉄骨4階建てビル建築中

2月に鉄骨の構造をご紹介した、4階建てのビル工事が進んでいます。

1-2階は店舗が入り、3-4階部分は住宅になります。

1階床部分の配筋状況

 1階には、飲食関係の店舗が入る予定です。写真中央の左右に渡って見えるのが、厨房から出る汚水をまとめて排水する

排水管です。

一番左に見えるのが、グリーストラップといって、排水に含まれる廃油(グリース)を分離させてせき止める(トラップ)阻集器です。

コップ1杯の油を海に返すには、約60トン(浴槽200杯分)の水が必要だそうです。なので、今では全ての営業用調理施設で

グリーストラップの設置が義務付けられています。

コンクリートを打設しているところ

湿気が上がらないようにシートを敷き、配筋した状態でコンクリートを打設します。

ある程度の面積を終えたらきれいに表面をならして、仕上がったら打設を続ける、これを繰り返します。

賃貸住宅部分の内装工事途中の様子

 壁の内側に、発泡ウレタンの断熱材を吹き付け、軽量鉄骨を施工しています。

このビルの壁は、ALCコンクリートを使っています。ALCは断熱性能が高いので、利回りが優先される賃貸住宅などでは

断熱材を施工しないケースも多いようですが、きちんと断熱工事も行いました。

 

神奈川で鉄筋コンクリート(RC)の
注文住宅を建てるなら、
一級建築士事務所 奥建設・
奥建築設計事務所にお任せください。
鉄筋コンクリートの強度を活かし、
傾斜地を地下室や地下車庫の用途で
有効活用するプランの
実績が豊富です。

株式会社奥建設
奥建築設計事務所
0120-03-4836

神奈川県横浜市戸塚区
矢部町1828-45
TEL:045-392-3061/
FAX:045-392-3062