Loading...

建築ブログ

01.30 | 未分類

「葉山の家」工事スタート!

本日の日経朝刊に、生産緑地に関する記事が出ていました。

1/30日経朝刊

 

生産緑地とは、今から28年前=1992年に始まった制度で、
都市の市街地にある「生産緑地」=農地について、
30年間農業を続けることを義務付ける代わりに、
固定資産税を安く、相続税を猶予してもらえる、という制度でした。

4年後には制度開始から一斉に30年を迎え、大量の宅地が住宅市場に放出するのではないか?

といわれ、不動産業界では「2022年問題」などといわれていました。

記事では、新たな税制優遇措置が決まったので、

「都市部の農地を守る上で一歩前進」と結んでいました。

土地が大量供給されたら、4年後には大きく地価が下がるのでは?

などと心配される声も一時期ありましたが、そんなこともなさそうです。

 

別の記事では、一都三県の人口は、22年連続転入超過で増え続け、
一段と人口集中が加速しているとか。

人口減少の話題がクローズアップされることがよくありますが、
今の東京圏に住んでいると、日本が衰退に向かっているようには
とても思えませんよねえ?

再開発の案件がどんどん増えて、東京圏の暮らしはより成熟していくように感じます。

 

さて、そんな中で、年末に少々ご紹介した「葉山の家」。

工事がはじまりました。

 

建て替え前の現地

1区画が大きな分譲地の一角に建つ、旧家。

前面道路が広く、南傾斜の好立地です。

年数が経過し、擁壁も古くなりました。

こちらも、古い家を取り壊し、新しく生まれ変わる工事です。

 

解体中

 

まずは解体から。

晴れるとますます良いですね。

裏手には山も見えます。

冬の低い日差しなのに、北側の家の影が敷地に届きません。

 

擁壁撤去

 

擁壁も撤去します。

高低差がそれほどありませんので、地下はつくらず、駐車場を家の前に設けます。

 

切土

道路に面している部分を削ります。

土地が広いので、駐車スペースもたっぷりとれます。

 

造成完了

前面道路が広く、南傾斜で、間口も奥行きもたっぷり。

こんな条件の立地に家が建てられる機会は、そう多くありません。

完成するとこんな感じ。

 

完成すると…

 

今から楽しみです。

年末にご紹介した通り、今回はコンクリートは使わず木造で建築します。

 

工事は進みます。

 

神奈川で鉄筋コンクリート(RC)の
注文住宅を建てるなら、
一級建築士事務所 奥建設・
奥建築設計事務所にお任せください。
鉄筋コンクリートの強度を活かし、
傾斜地を地下室や地下車庫の用途で
有効活用するプランの
実績が豊富です。

株式会社奥建設
奥建築設計事務所
0120-03-4836

神奈川県横浜市戸塚区
矢部町1828-45
TEL:045-392-3061/
FAX:045-392-3062