Loading...

土地探しから始めたい方へ

「地下室地下車庫のある家」を、土地探しから始められる方が増えています。「ガレージライフを楽しみたい」、「子供が多いので広さがほしい。でも広い土地は高い。だから、地下を有効活用して十分な床面積を確保したい」。このようなご相談をしばしばいただきます。

「地下室地下車庫のある家」を建てる建築用地を探す際に、知っておいていただきたいことがあります。知らないままに土地を探して後悔されないように、この記事を掲載しました。「地下室地下車庫のある家」は、高低差や傾斜のある土地に、地下車庫と建物を一体の建築物として建てることで、擁壁の代わりも担わせてしまう建築物です。建てる際には、建築用地にある古い擁壁や地下車庫を全て壊して造り直します。

T様邸 建て替え前

解体完了

一般の方がチラシや不動産情報サイトなどで土地を探す場合、多くの土地はすぐに家が建てられるように、手を加えられた状態で掲載されています。例えば、高低差がある土地でしたら、道路から建物が建つ予定の高さまで外階段と擁壁がつくられていたり、箱型の地下車庫がすでに埋め込まれていたり。不動産会社としては、すぐに家が建てられる状態にして、その費用を土地価格に含んでおいた方が売却しやすいのです。あとは建物価格を足せば総額がわかり、予算が組みやすいですから。

しかし、地下室地下車庫のある家の場合、すぐに家を建てられるように施工された工事は、結局取り壊すことになり、すべて無駄になってしまいます。 そして、その工事代金は不動産会社が資金を投じて加工したものですから、購入者が負担する費用となります。結果、取り壊すとしても。
土地の加工代というのは馬鹿にできません。
数十万円では収まらず、数百万円単位でかかります。この費用を負担しないようにするには・・・・

そうです、擁壁や外階段、地下車庫などといった付加価値が付けられる前の状態、いわばダイヤの原石状態の土地を探すことが重要なのです。加工される前の、高低差のある土地、傾斜地というのは、これから建築をするために何らかの手を入れなければならない土地です。当然、その加工には費用がかかります。例えば、相場からすると3000万円が妥当な高低差のある土地が2500万円で売られていたとします。50坪で坪60万円のところ、この物件は50万円になりますから安いと感じます。

加工される前の高低差のある土地
(文章とは関係ありません)

しかしそのままでは家が建てられず、建築できるようにするためには1000万円の費用が必要だとするとどうでしょう?加工したら、結果3500万円になりますから、売主さんに価格交渉をする余地が生まれます。「2000万円にしてほしい」と。しかし、この土地が加工されて3000万円で売りに出されてしまうと、既に加工費がかかっていますので、価格交渉の余地がなくなってしまうのです。この場合、加工された状態から「地下室地下車庫のある家」を建てようとすると、加工代に加え、それを解体する費用も余計にかかりますので、1000万円以上高くなってしまうのです。

「地下室地下車庫のある家」は、何も加工されていない土地を選ぶことで、無駄な費用を負担せずに建築することが可能になります。

しかし、このダイヤの原石の状態では、土地情報があまり多く流通していません。前述の通り、よくよく調査してみないと、その土地の加工にいくらかかるのかわからず、売るに売れないため、市場に出てきにくいのです。そんな状態で放置されていた物件に、しびれを切らした売り主さんが、「早く売りたい!」となったら、売りやすいように加工されて市場に出てくるわけです。

不動産情報サイトなどに、このようなダイヤの原石が出てきにくいのはこういう理由があるからです。地下室地下車庫の家を、土地探しから始めたいとお考えであれば、ぜひご当社にお声がけください。当社は、不動産取引のできる会社ではありませんが、業務上、「地下室地下車庫のある家」に適した土地については、適宜不動産会社より情報をいただいています。

その土地がお客様のご要望を叶える土地がどうかの見極め、アドバイスもあわせてさせていただきます。

神奈川で鉄筋コンクリート(RC)の
注文住宅を建てるなら、
一級建築士事務所 奥建設・
奥建築設計事務所にお任せください。
鉄筋コンクリートの強度を活かし、
傾斜地を地下室や地下車庫の用途で
有効活用するプランの
実績が豊富です。

株式会社奥建設
奥建築設計事務所
0120-03-4836

神奈川県横浜市戸塚区
矢部町1828-45
TEL:045-392-3061/
FAX:045-392-3062